英語留学前にどんな勉強をしておくと良い?

フィリピンの風景
さて、英語留学に行くことが決まったとします。
これから、あなたは「どんな英語の勉強を重点的にすると良いでしょうか?」

・文法?
・単語?
・ライティング?
・リスニング?

僕が一番おすすめするのは、外人と対面することです!

ほとんどの日本人が、外人と対面すると萎縮いしゅくします。
頭が真っ白になり、なにも話せなくなるのです。

なぜなら、日本人は、外人に慣れていません。
島国だから外人と接する機会がほとんどないからです。
遺伝子レベルで、外人に対して拒絶反応を持っているのです!

そんな状態では、いくらTOEICが900点であっても、喋れない人は喋れないのです。
(TOEICとは、英語の能力を調べる検定)

なので、まずは外人に慣れること&初対面での挨拶をできるようになっておくことです。

どうやって外人に慣れる?

一番、お金がかからずに手っ取り早いのは、英語カフェです。

英語カフェで検索すると出てきますが、英語カフェとはカフェをしながら外人と喋るというものです。
よく、英語スクールにてで開催されていますが、1時間1000円ほどです。

他には、外人が集まるサークルに行くことです。

外人が集まるサークルは、Meetupで検索するといいでしょう。

まとめ!

さて、英語留学を目前にして、「どの勉強をしておくべきか?」について、紹介しました。
僕の意見では、外人にたくさん触れておくことです。
そうすれば、実際に英語留学の授業が始まった時に、萎縮しなくて済みます。
文法や単語というのは、海外に行ってからでも勉強できます。
まずは、最初につまづかないために、外人にしっかり慣れておいておくことをおすすめします。
※外人に慣れたら文法や単語も、ある程度勉強しておくと、なお良いですよ!