【セブ英語留学&観光】体験談2日目

2017年4月29日 10:10
​エバー航空が無事にフィリピンに到着!
セブ空港

さて、ここでちょいと、今日の予定を説明しておきます。
今日は4月29日、英語留学のスタッフとの待ち合わせは、30日です。
29日は、見知らぬフィリピン人の家に停めてもらう予定なのです(笑)
見知らぬというと、驚かれるかもしれませんが、海外旅行者を無料で泊めるというSNSがあります。
(SNSの名前はカウチサーフィン。)
実は、29日はすでに、泊めてもらうという約束を取り付けていたのです。
泊めてくれるフィリピン人の名前はケビン!
では、体験記の続きをどうぞ!

wahat’s uppにメールがあった。

セブ空港についてすぐに空港内のwifiを繋げました。
するとwahat’s uppにさっそくメールが!!
(wahat’s uppとは、海外版LINEのこと。)

内容は、「何時に着くのか?俺は、外に出ているかもしれないと、、、、」
すぐさま、10時10分に今到着したとメールを打ちました。

そしたら、返事は「いまsmというショッピングモールにいる。帰るのは15時くらいになるからそれまで時間を潰しておいてくれ」とのこと
僕は「ok!」と返事をしました。
セブ空港
出国審査も終わりチェックイン荷物(スーツケース)をゲットしたと同時に、再度ケビンからメールをがきました。
「今からSMモールに来れないか?多分その時間だと、11時のバスが出ているからそれで来れる。僕は3階の ○○というお店にいるよ。君に、1時間だけ使えるWifiのメールを送っておくよ。」
とのこと。
そのメールを読んだのがAM10:54
∑(゚д゚)ガーン
11時のバスが出るまで、あと6分しかない!!」

とりあえず、バスに乗ることをチャレンジしてみる!

急いでインフォメーション(案内)に、バスのことを聞こうと試みました。

聞くというより、メールの内容を見せて、どのバスのことかと言ったのです。

するとすぐに理解してもらえて、「真っ直ぐ行くと左手にあるよ。」
とのこと。
念のためにバスの名前を聞いておいたら、Myバスとのことでした。

すぐに、小走りで空港をでました。
すると本当にすぐにバスがありました。

しかし、Myとはどこにも書いていない、、、
念のため運転手にメールを見せて、「このバスはこれのことか?」
と聞くと「違う!そのバスは、向こうにある」とのこと。

100mほど向こうにバスが見えたので、「あの青いバスですね?」
と確認すると、「そうだよ。」とのこと。
このとき時間は、10:58分

スーツケースを転がしながら、できる限りのスピードを出してバスに向かう

バスに乗ろうとすると、バスの前にいた男性から、「お金を払いな!」とのこと。
どうやら、このバスは先払いらしい、「スタンディングだけどokか?」と言われ、ノープロブレムと答える。

バスに乗るやいなや、すぐに運転手にメールを見せる

ここまでしなくてもと思うかもしれませんが、すでに、空港内を出ると、ネットはつながりません。
電話もできません。

一歩間違えると連絡もできないままケビンを、待たせることになります。
なので、慎重にならざるをえないのです。

また、どこで降りたらいいのかすら、わからないからです。

バスの運転手は、このバスはSMモールまで、行くよと言いました。

僕が乗って、即座にバスは出発 AM11:00

ですが、まだまだ安心はできません。なぜなら、無事にケビンに会えるかどうか、行って見ないとわからないからです。
バスの中では、 運転席のすぐ後ろに立っていましたね。

そのせいもあって、見慣れない風景に心を奪われ気がつきたら、たくさん写真を撮っていました。

バスの中から撮った動画はこちら↓↓↓↓↓


セブのバスは、音楽もノリノリです(笑)

1つ目の停車駅に着いた時に、運転手に「ここか?」
と尋ねたら、「違う」との返事。
次の停車駅が、最終だったよです。

無事にSMモールに到着!

SMモール
目の前にsmと、書かれた大きな ショッピングモールありました。
日本のイオンモールほどの大きさがあります。
さて、これでもまだ安心ははできません。

ネットが繋がらない状態で、見知らぬ土地で、初対面の外国人に会うのは、簡単ではないからです。
しかし、僕はそのままskに向かって歩き出しました。

すると、ここで、一筋の光が!

なぜなら、目の前にスターバックスが、あったからです。
もしかすると、スターバックスならば、wifiが繋がるかもしれない。
そんな期待をもって、さっそく店内に入ります。

skの入り口は、どこも銃を持った警官がいます。
僕は、「入っていいか?」と尋ねると
とりあえず、 金属探知機を軽くかけられて、スターバックスに入りました。

店員に、wifiを繋げられるかを聞こうと思って、レジに並んでいる時に、携帯を確認しました。
すると、なんとsk内では、フリーのwifiが飛んでいたのです。

さっそく、繋げて見たら、同意の画面になり無事に繋げることができました。
SKモール内に入ります!
SKモール
あとでわかったことですが、どうやらこれが、ケビンの言っていた1時間だけ
wifiが繋がる招待だったのです。
(ノ゚Д゚)ノオォオォ 「ケビン グッジョブ!」心のなかで叫びます。(笑)

さっそくケビンと メールを再開。

いま、SKモールに到着したことを伝えると、3階の○○という店で待っていると、店の名前を教えてもらいました。
とりあえず3階に行き、フィリピン人にどこかを尋ねる。

無事に、約束のお店にたどり着けました。

globo
中に入ると、ケビンの姿が、、、
SNS内で、お互いの顔写真は知っています。
ケビンとツーショット
自己紹介をして、簡単にお互いの質問にこたえます。
コーヒーをもらいました。どうやら、外国人はタダみたいなことを言ってました。

それから、ケビンが、お腹は空いたかと聞いてきたので、Yesと答え、「シーフードが食べたい」とリクエストすると、ケビンがSK内の飲食店を紹介してくれました。

飲食店に到着!

SK内の飲食店
店内に入り、メニューを見ますが、フィリピン語なので、まったくわからずに適当に注文しました(笑)
フィリピンの料理
イカの炒め 300ペソ(690円)
魚の包み焼き295ペソ(677円)
ライス40ペソ(92円)

イカのやつは本当に美味しかった。
ニンニクが効いていて、日本人が好みそうな味です。
フィリピン魚の包み焼き
魚の包み焼きは、少し魚に臭みがありますが、タレをつけると、そこまで気にならなくなり、味も美味しいかったです。
ライスも、日本のライスに似ていて美味しいです。
店内

食事を終えたら、ケビンに、両替ができるところを案内してもらいます。

フィリピン空港ではバタバタだったので、両替すらできていませんでした。(^_^;)
両替場所は、skの店内にありました。
両替SKモール
返還率は、日本よりも少しよかったです。
2万円をペソに両替。

それから、タクシーでケビンの家へと向かいました。

タクシー内
タクシーは、一般的なタクシーを拾うのではなくて、ケビンがネットで呼び出したものです。
そのほうが、安いみたいです。
SKモールから、ケビンの家まで、20分ほどかかりました。
タクシーに乗っている間、いろんな建物について、ケビンが説明してくれます。(´∀`*)ウフフッ
タクシー代金は、290ペソ(約667円)
僕は、半額をケビンに渡しました。

14:00 ケビンの家に到着!

ケビンの家の付近
家に入ると、すぐにケビンとシェアハウスをしている、アルビンが笑顔で迎えてくれました。
アルビンは、更に陽気な感じです。(*・∀・*)アハッ

さっそく二人に、日本から持ってきたお土産を渡します。
カントリーマアムの、ジャンボパックです。
2人とも喜んでくれました。

さらにコーヒーをご馳走になります。

17:00 3人で散歩

ケビンの近所
会話を楽しんだ後に、2人が、家の近所を歩いて連れて言ってくれました。
この辺りは、住宅も少なく車も少なく静かなところで、とっても楽しかったです。
ケビン アルビン
さらに、途中、山奥に入っていきました。

動画がこちら↓↓↓↓↓↓↓↓


この辺りには、原住民のような生活をしている人たちも、チラホラいました。
なかなか刺激的です。(´∀`*)

家に戻ると、さっそくアルビンが料理を作ってくれました。

シニガン
どうやらこの家での料理担当は、アルビンのようです。
写真のスープは「シニガン」といって、フィリピンの伝統料理のようです。
アルビンは「シニガンは、とっても酸っぱいぞ!」と、言いました。
僕は好き嫌いもなく、なんでも食べられます。
酸っぱいのも、辛いのも甘いのもなんでもOKなのです。

一口、シニガンを食べてみると、確かに酸っぱいです。
梅干しのような酸っぱさで、ご飯にかけて食べるとなかなか美味しかったです。(*^ω^*)
残さずに食べて、ごちそうさま。
食事の後は、順番にシャワーを浴びました。

日本酒を飲む

なにやら、2人は日本酒を持っているとのこと。
彼らは、旅行者を頻繁に停めており、以前の日本人がお土産にくれたそうです。

夜も、会話を楽しみながら、僕の旅のプランを一緒に考えてくれました。
地元の人に、泊めてもらうと、おすすめの観光地などを教えてくれます。
これがまた、ありがたいのです。

「場所がどれくらい遠い」とか、「お金がこれくらいかかる」とか、「こうやって行けばい」とか、いろいろと教えてくれます
その後、僕が鍼灸師とこともあり、いろいろと質問を受けます。
「やってみたい?」
と聞くと、2人ともやってみようかなという返事。

11時に、二人に鍼をしてあげました。

ケビンの鍼灸治療
二人とも腰痛があるとのことで、腰に鍼をしてあげました。
やはり、 フィリピンでは、鍼灸師とはそこまで一般的ではないので二人とも緊張したようです。
アルビンの鍼灸治療
鍼灸を終えたら、二人とも眠たくなったと言い、みんなすぐに寝ました。
マットレス
3人とも、同じマットレスの上で寝ます。
フィリピンは、暑いですが、わりと強めの扇風機を一晩中つけながら寝ます。

僕は、風が直接当たることが嫌なので、それを伝えて、風がこないようにして、さらに、長袖&ヒートテックをはいて寝ます。
ちょうどよい、感じです。
寝る時は、アイマスク&耳栓を着用です(*ノ∀`*)

昨日は、空港のベンチで寝たこともあり、疲れていたのでしょう。
朝までぐっすりと寝ることができました。

>>【セブ英語留学】体験談3日目はこちら

コメントを残す